1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 助成金・補助金の最新情報
  4. キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアアップ助成金

先ずは無料診断を。

雇用系の助成金から事業系の補助金まで幅広く診断致します。

申請可能な助成金・補助金を知ろう。

無料診断ページはこちら

キャリアアップ助成金とは

キャリアアップ助成金とは、一言でいうと「非正規労働者」の正社員化、人材育成、処遇改善などの取組に対して助成される制度で、有期契約労働者や短時間労働者、派遣労働者などの正社員ではない労働者の労働意欲や能力を向上させ、優秀な人材確保を目的とした厚生労働省の助成金です。

また雇用されている非正規労働者である、有期契約労働者(契約社員)、短時間労働者(パートタイマ―)、派遣労働者(派遣社員)なども働きなれている企業でのキャリアアップを目指すためにも企業に活用してもらいたい助成金でもあります。


キャリアアップ助成金の6つのコース

通年で利用できるキャリアアップ助成金は毎年4月に内容が変更されコースが追加されていたり、適用範囲が拡充されたりなどしていますが、令和4年度は大幅に改正されました。
  1. 正社員化コース
  2. 賃金規定等改定コース
  3. 賃金規定等共通化コース
  4. 賞与・退職金制度導入コース
  5. 選択的適用拡大導入時処遇改善コース
  6. 短時間労働者労働時間延長コース


キャリアアップ助成金の受給要件

 支給要件として全コース共通の要件がこちらです。

  • ■雇用保険適用事業所の事業主
  • ■雇用保険適用事業所ごとにキャリアアップ管理者を置いている事業主
  • ■雇用保険適用事業所ごとに対象労働者に対してキャリアアップ計画を作成し管轄労働局庁の受給資格の認定をうけた事業主であること
  • ■対象労働者に対する労働条件、賃金の支払い状況等を明らかする書類を整備していること
  • ■キャリアアップ計画期間内にキャリアアップに取り組んだ事業主であること

雇用保険適用の事業所であるということが一番のポイントですが、同時にキャリアアップ管理者の設置とそれに対しての計画および計画の実行の有無が大切になってきます。

キャリアアップ助成金の支給額および上限

キャリアアップ助成金のそれぞれのコースにおける支給額(障害者正社員化コース以外)は以下のようになっていますのでご確認ください。

1.正社員化コース

①有期 ⇒ 正規 : 1人当たり 57万円<72万円>
②無期 ⇒ 正規 : 1人当たり 28万5,000円<36万円>
※<>は生産性の向上が認められる場合の額。


2.賃金規程等改定コース

①1~5人 : 1人当たり 32,000円<40,000円>
②6人以上 : 1人当たり 28,000円<36,000円>


3.賃金規程等共通化コース

1事業所当たり : 57万円<72万円>

4.賞与・退職金制度導入コース

1事業所当たり : 57万円<72万円>


5.選択的適用拡大導入時処遇改善コース

※令和4年9月30日までの時限措置

1事業所当たり : 19万円<24万円>


6.短時間労働者労働時間延長コース

1人当たり : 22万5,000円<28万4,000円>

キャリアアップ助成金の支給までの流れ


  • キャリアアップ計画の作成
  • 労働局・ハローワークへの提出・許可をもらう
  • 就業規則等の変更および周知
  • 転換後半年間の賃金の支払い(3%要件)
  • 支給申請

キャリアアップ助成金の支給までの大まかな流れは、キャリアアップ計画の作成を行い担当労働局もしくはハローワークへに計画を提出します。

その後、正社員化コースかそれ以外でフローが多少異なりますが、正社員化コースの場合は就業規則等の改定を転換規定がない場合に行います。その後、就業規則等に基づき正規雇用へと転換し、半年の賃金を支払います。(※正社員化後に3%以上の賃金増額がある必要があります。)

半年後に支給申請を労働局に行い審査され支給が行われます。

処遇等の改善関連の他コースは、規定の取組を行い半年間の賃金の支払いが行われた後に支給申請が行われます。

先ずは無料診断を。

雇用系の助成金から事業系の補助金まで幅広く診断致します。

申請可能な助成金・補助金を知ろう。

無料診断ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

助成金・補助金について
お困りの方はお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5835-2092

受付時間 平日9:00~18:00
※稼働日・時間は変動する場合があります。