時事ニュースウォッチ

計画停電による休業における賃金について

計画停電による休業における賃金取扱いに関する通達

厚生労働省から以下の通達が出されました。
計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取扱いについて


1 計画停電の時間帯における事業場に電力が供給されないことを理由とする休業については、原則として法第26条の使用者の責めに帰すべき事由による休業には該当しないこと。


2 計画停電の時間帯以外の時間帯の休業は、原則として法第26条の使用者の責に帰すべき事由による休業に該当すること。
ただし、計画停電が実施される日において、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて休業とする場合であって、他の手段の可能性、使用者としての休業回避のための具体的努力等を総合的に勘案し、計画停電の時間帯のみを休業とすることが企業の経営上著しく不適当と認められるときには、計画停電の時間帯以外の時間帯を含めて原則として法第26条の使用者の責に帰すべき事由による休業には該当しないこと。


3 計画停電が予定されていたため休業としたが、実際には計画停電が実施されなかった場合については、計画停電の予定、その変更の内容やそれが公表された時期を踏まえ、上記1及び2に基づき判断すること。


つまり・・・


計画停電における休業は休業手当を支払う必要がないということです。
(※緊急雇用安定助成金を利用する場合は休業手当を払う必要があります。)

ただ、法律上は支払う義務がないとしても従業員との話し合いをもって双方が納得した上で結論づけた方が良いとは思います。

時事ニュースウォッチ一覧へ

このページの上部へ