時事ニュースウォッチ

明日の安心と成長が見えません。

看板倒れ?

「明日の安心と成長のための緊急経済対策」

鳩山政権は年明けの通常国会に出す経済対策に対してこう銘打った。

しかし・・・

特に何か目新しいものが見当たらない。

ほとんどが前政権の経済対策の延長線上に予算を付けたしたようにしか見えなかった。


今をしのぐだけではいずれ息切れしてしまう。

デフレや円高、さらには中東・ドバイが震源の金融ショック。
「二番底」への懸念からか公共事業復活の兆しも見えてきた。

「コンクリートから人へ」のキャッチフレーズがかすんでみえてしまう。

新産業の育成と雇用の創出につながるような中長期の成長戦略を盛り込み予算を組まなければ、わたしたち国民の将来に対する不安は消えることはない。


通常国会

毎年1回、定期的に召集される国会。1月中に召集され、会期は150日間。

時事ニュースウォッチ一覧へ

このページの上部へ