時事ニュースウォッチ

エスプレッソでスタバ追撃

マクドナルドの本格コーヒー

日本マクドナルドが本格コーヒーの分野で新たな販売を始めました。
エスプレッソをベースにしたコーヒー7種類。
低価格で本格コーヒーの味を楽しめるなら是非飲んでみたい。
100円コーヒーや無料コーヒーなど日本マクドナルドはお客様のニーズを的確に把握し、新たな客層を掘り起こしている。

スタバのコーヒーは高い?
スタバは店舗ごとにレイアウトが違い、椅子の硬さや大きさまでも違う。
それぞれの店舗でコーヒーの味だけでなくお店の雰囲気も楽しむことができる。
同じスタバのコーヒーであってもブラックエプロンの店員さんがいる店舗に足を運ぶお客様もいる。
つまりお客様のニーズは多種多様。
スタバのコーヒーは確かに金額だけを見てしまうと高いのかもしれない。
しかし金額に見合う味、雰囲気、禁煙等々考えたら妥当だと思いそこにお金を支払う。

専門店・・・やはりこの時代に強い。


日本マクドナルドは3日、エスプレッソをベースにした本格コーヒー7種類の販売を始めたと発表した。ハンバーガーの売れ行きが鈍る午後の喫茶時間帯の客層を取り込み、本格コーヒーの分野で最大手のスターバックスコーヒージャパンを追撃する。  発売するのは「カフェラテ」「キャラメルラテ」のホットやアイスなど。Sサイズは190?250円。3日から東京都と福岡県内の計130店で取り扱いを始め、販売店を順次拡大する。2010年までに全国約1000店に広げる計画だ。 

日本マクドナルド、「カフェラテ」など7品を発売

エスプレッソ
コーヒー粉に高圧蒸気を通していれた濃いコーヒー。
ブラックエプロン
よりコーヒーの知識を持つ、バイヤー、ロースター、テイスター、そしてコーヒーマスターの中でも、より豊富な知識を蓄えた者に与えられるエプロン。

時事ニュースウォッチ一覧へ

このページの上部へ